PR

 3台目の「iPhone 3G」も相変わらず会話の途中で切れる事態が頻発したことで,Ryan Shaw氏はもううんざりだった。

 「3Gネットワークの安定した通信を維持できないという点で,この電話にはがっかりだった……ほかの機能はすばらしかったのだが」と語ってくれたShaw氏は,クリーブランド郊外に住む営業職だ。そのすばらしいと評する諸機能も,同氏が,携帯電話をVerizonと「BlackBerry」に戻すのを止めることはできなかった。不都合さのほうが勝ると判断したのだ。

 AppleとAT&Tが2代目となるiPhone 3Gを発売して以来,同機の受信状態に関する不満はインターネット中に広がっている。両社は問題はないと主張しているが,電子メール,職場などでのうわさ話,Appleのサイトにあるメッセージボードなどで,苦情は積み重なっている。エリア内における3Gネットワークへの接続と,接続の維持について,iPhone 3Gの利用者は問題を抱えている。

 利用者は次のように話している。iPhone 3Gは移動していない状態でさえ,3GネットワークとEDGEネットワークとが切り替わる。また,3Gの電波が強い環境を移動中にもかかわらず,通話の途中で受信状態が失われる。AT&Tのほかの3G対応携帯電話を使っている友人からはこんな問題は聞かれない。問題はAT&Tのネットワークに限定されるものではないらしい。というのも,米国以外のiPhone 3Gユーザーも同様の問題を報告している。

 察しがつくだろうが,3Gネットワークを活用しようと待望のiPhone 3Gを購入した多くのユーザーにとって,この状況は受け入れられるものではない。Appleは宣伝でEDGEネットワークの「2倍速い」と約束しているのだ。ユタ州プロボ在住のiPhone 3G所有者David Howard氏は「正直なところ,こうなると知っていたら月に10ドル余計に払う気はなかった」と話している。

 ここ1週間ほど,問題自体を認めさせるのはとにかく,せめて大騒ぎが起きているという事実をAppleとAT&Tに認めさせようという試みが繰り返し行われてきたが,無駄に終わっている。Appleは質問に答えようともせず問い合わせをAT&Tへ回し,AT&Tは同社のネットワークでのiPhone 3G利用について,広範な問題はまったく生じていないと主張した。

 AT&Tの広報担当者であるMark Siegel氏は「iPhone 3Gは非常にうまく機能していると認識している。問題を抱えている人がいることは否定しない。しかし,そうした人々にはケースバイケースの原則で対応するべきことだ」と語った。

 インターネットのメッセージボードへの投稿の場合,問題の実際的規模を見定めるのは難しいのが通例だ。声の大きい少数派が比較的小さな問題に腹を立てて,実際以上の騒ぎに膨らませている可能性がないではない。しかし今回は,さまざまな人々がインターネットに押し寄せ,受信問題についてイライラをぶちまけ,解決法を探しているし,さらに,そうした人たちに数多くの同調者が現れている。

 詳細なテストもなしに,通話の中断やネットワーク接続の制限が何によって引き起こされているのか,確かなことを言うのは難しい。いちばん考えられるのは,問題の原因がAT&TのネットワークとAppleの端末のどちらか片方にあるのではなく,両者の組み合わせにあるということではないだろうか。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事