PR
写真●前回のICTパネル討論会「エンタープライズ・モバイル:2008年我が社の戦略」の模様
写真●前回のICTパネル討論会「エンタープライズ・モバイル:2008年我が社の戦略」の模様
[画像のクリックで拡大表示]

 数年にわたり通信業界の“金のなる木”だった携帯電話/PHSサービスの市場環境が,ここへ来て大きく変化している。

 契約数は携帯電話だけで1億を突破し,市場は明らかに成熟期へと移行している。さらに昨年から携帯電話事業者が端末の販売方法を変更したことで,端末価格の上昇や端末買い替えサイクルの長期化などの影響が出始めた。定額メニューの拡大など通信事業者間の料金競争が激化したため,1ユーザー当たりの月間平均収入(ARPU)も低下傾向にある。

 そして変化の波は,携帯電話/PHS契約の1割程度を占めるといわれる法人市場にも及んでいる。付加価値を加えやすく複数のユーザーをまとめられる法人向けを拡大することが,事業者の喫緊のテーマとなってきたのだ。

 こうした現状を踏まえ日経コミュニケーションは,携帯電話/PHS事業者4社のキーパーソンを集めた「エンタープライズ・モバイル 次の一手」と呼ぶパネルを企画した。4社の法人向けサービスの特徴をディスカション形式で浮かび上がらせる。

 本パネルは,2008年2月のITpro EXPOで実施したICTパネル討論会「エンタープライズ・モバイル:2008年我が社の戦略」の続編にあたる(写真)。筆者はそのときにもモデレータを担当し,4社からそれぞれの方向性を聞き出した。

 前回は携帯電話を内線電話として使う通話ベースの「内線ソリューション」が話の中心だった。それからわずか半年強しか経過していないのに,それ以外にも,パネルで事業者に問いたい新しいテーマがいくつも浮上してきた。

 その一つが「モバイル・データ通信」である。携帯電話のデータ通信が高速化によりメガ・クラスの通信が可能になったことで,企業のモバイル利用が大きく進化したのだ。

 典型的な動きが,モバイル・シン・クライアントの導入である。シン・クライアントを実現する場合,500k~800kビット/秒程度の帯域が必要だった。モバイル・データ通信がメガ・クラスまで高速化した結果,ストレスなくモバイル・シン・クライアントを導入できるようになったのだ。既にいくつかの導入事例も登場している。

 固定回線を使っていたWAN回線をワイヤレスで代替する動きもある。ワイヤレス・ルーターという機器を使うと,例えば工事事務所など短期間でしか利用しない拠点にワイヤレス回線を導入したり,固定回線のバックアップにワイヤレス回線を使うという選択が可能になった。

 「端末の進化とオープン化」も2008年になって浮上してきたテーマである。この分野では,米アップルのスマートフォン「iPhone 3G」のインパクトが大きい。7月に登場したiPhone 3Gは,発売後3日間で全世界で100万台を売り上げた。日本でiPhone 3Gを販売するソフトバンクモバイルはこの勢いを駆って,iPhone 3Gを活用して法人向けソリューションを強化する方針を打ち出した。

 一方,米グーグルの携帯電話プラットフォーム「Android」を使うと,オープンな環境での端末開発が可能になる。このプラットフォームを活用して,個々の企業のニーズに最適化した携帯電話端末を作る動きが出てくるかもしれない。Androidで開発した端末は,年内にも登場するといわれている。

 「モバイルSaaS(software as a service)」という動きも進んでいる。この仕組みによって,携帯電話端末にアプリケーションを実装するのではなく,サーバーに置いたアプリケーションをネットワーク経由で利用できる。携帯電話かパソコンかを問わず,場所を選ばずに業務処理ができるようになる。

 今回登壇する携帯電話/PHS4社は,各社とも自社のインフラの特性を生かした法人ユーザー向けサービスを仕立てている。パネルでは法人向けソリューションについて各社から5分程度のプレゼンテーションを受けた後,「モバイル・データ通信」,「端末の進化/オープン化」,「モバイルSaaS」,「内線ソリューション」というテーマについて議論を展開する。壇上での発言の中から,各社の得意分野と前面に押し出したいソリューションが見えてくるはずだ。ここから浮き彫りになる各社の差異こそがパネルの醍醐味である。ぜひ各社の違いを聞き取っていただきたい。

 なお2月のパネルの席で,KDDIの山本泰英ソリューション事業統轄本部 FMC事業本部 FMC推進本部長が「スマートフォンを2008年度後半に投入する」と発言。同社のスマートフォン発売計画を初めて明らかにした(KDDIは9月11日,スマートフォン「E30HT」を2009年春に発売すると発表した:関連記事)。

 今回のパネルでも,もしかすると登壇者から予想外のニュースが飛び出す可能性がある。ぜひ当日,会場に足をお運びのうえ,登壇者の発言にご注目いただると幸いである。

【ICTパネル討論会】
『エンタープライズ・モバイル 次の一手』
<10月16日(木) 16:00~17:00>

【パネリスト】
  • NTTドコモ 法人事業部 法人ビジネス戦略部
    技術戦略担当部長 松木彰氏
  • KDDI ソリューション事業統轄本部 FMC事業本部
    FMC推進本部長 山本泰英氏
  • ソフトバンクモバイル 常務執行役員 営業・マーケティング副統括
    法人事業推進本部長 平野尚也氏
  • ウィルコム ソリューション営業本部 副本部長 鈴木龍雄氏

お申し込みはこちらから
【前回のICTパネル討論会】
KDDIのスマートフォンは08年度後半に登場? 白熱した法人向けモバイル討論会