PR

 ソーシャルネットワークの魔力が,Appleによって,iPhoneの将来のバージョン向けに,独自のARMベースのプロセッサ製造が計画されていることを明らかにした。

 The New York Times紙は先週末,AppleのCPU開発部門シニアマネージャーであるWei-han Lien氏の,「LinkedIn」上のプロファイルに注目した。そのプロファイルによれば,Lien氏の職種欄には,P.A. Semiでの以前の業務を拡張し,Appleで,ARMのCPU開発チームのマネージメントを行っていることが記載されている。

 Appleが,iPhone向けに独自のチップ開発に取り組むことは,2008年に入って,同社がP.A. Semiを買収して以来,かなり明白になってきてはいたものの,Times紙が指摘しているように,これまでAppleは,CPUの製造を行う計画を具体的に示したことは1度もなかった。最新の各社スマートフォン内部のチップの中には,ARMのコアがベースとなるプロセッサも用いられている。

 しかしながら,Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏は,確かに同社エンジニアが,iPhone向けの「SoC」を製造するように計画中であると述べたことがあり,これは,CPUも含めたパッケージ全般に取り組んでいくことを意味している。別の有力な手がかりとしては,次世代のiPhoneの開発に,Intelのプロセッサが関係することはないことを嘆いた,同社シニアバイスプレジデントであるPat Gelsinger氏の談話や,ARMコアのアーキテクチャライセンス確保を目指した,Appleの明確な決意などが挙げられる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

関連記事