PR

 Advanced Micro Devices(AMD)は米国時間9月29日,前世代の誤りを解消した次世代チップ「Shanghai」を発売することを発表した。

 No.2のプロセッサメーカーであるAMDには,はっきりさせたいことが1つある。Shanghaiは「Barcelona」(正式名称「Opteron」)ではないということだ。Barcelonaは2007年9月に鳴り物入りで発表されたが,製造上の問題とバグにより,8カ月もスケジュールが延期された。また,速度(コアクロック周波数)の限界もネックになっていた。

 AMDのサーバおよびワークステーション向けチップ事業部門ゼネラルマネージャーであるPat Patla氏は,「Barcelonaを市場に投入する際はいくつか誤りを犯したため,Shanghaiではできるだけ速度を実現しよう思った。われわれは失敗から学んだ。そして,企業として,同じ失敗は決して繰り返さない」と述べた。

 サーバ向けのShanghaiはAMDの初の45ナノメートルプロセッサになる(Barcelonaは65ナノメートル)。一般的に,形状が小さくなればなるほど,チップの速度,電力効率は高まる。Intelは2007年から45ナノメートルプロセッサを出荷しており,現在ではIntelが提供しているプロセッサの大半を占めている。

 AMDはShanghaiを成功させる必要がある。同社は相次ぐ損失でぐらついており,大規模なリストラを発表する一歩手前にある。投資銀行Collins StewartのアナリストであるAshok Kumar氏は,「利益を回復させるには,サーバ製品ラインの業務遂行は極めて重要だ。AMDの利益源はサーバ製品ラインしかない」と述べた。

 このため,AMDは,Shanghaiプロジェクト全体を引き継ぐリードエンジニアを指名し,「シリコンの品質,シリコンの日程,シリコンの信頼水準」に対する目標を制定したと,Patla氏は述べた。「早い時期にさまざまな検証を行えるように,パートナーに手渡す製品にはかなりの安定性を持たせる」必要があったという。

 結果として,Shanghaiのスケジュールは短縮された。「当初の計画では,Shanghaiは2009年第1四半期に発売される予定だったが,2008年第4四半期に前倒しすることができた」とPatla氏は述べ,製品が第4四半期に発表されるだけでなく,ベンダーのサーバの出荷も第4四半期に行われると付け加えた。

 「現在,工場でフル生産しているところだ。ごく近いうちに,最初のチップをお届けできるだろう」(Patla氏)

 Patla氏は,Shanghaiは「非常に電力効率の高い製品」であり,小さい45ナノメートルプロセスのおかげで「(クロック)周波数が極めて高い」ため,Barcelonaをはるかにしのぐ性能を発揮すると断言した。

 同じ周波数(速度)であれば,Shanghaiの性能はBarcelonaよりも約20%高くなると,Patla氏は述べる。

 また,AMDは,一般的にパフォーマンスを高速化するキャッシュメモリのサイズを2Mバイトから6Mバイトに拡大する。

 Patla氏は,「われわれは『HT3』(HyperTransport 3)のチューニングも行っており,第1四半期中にはパートナーによる検証が開始されるだろう」と述べた。HyperTransportはIC間の高速通信を実現するリンクテクノロジだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事