PR

 Symantecは米国時間10月14日,PCデスクトップのパフォーマンス調整を支援する有料オンラインサービス「PC Checkup」と「PC Tune Up」を発表した。専門技術者がリモートからアクセスし助言等を行う。

 両サービスともWindows XPまたはVistaを使っている人が対象。Norton製品を使っていない人も利用できる。

 PC Checkupは診断サービスで,価格は29.99ドル。「自動車を販売店のサービス部門に持ち込んだときを想像してほしい」と,Norton Premium ServicesのバイスプレジデントLenny Alugas氏が述べるように,専門技術者が一連のテストを行い,必要なサービスがあれば助言する。一方,PC Tune Upは調整まで行い,価格は69.99ドル。専門技術者が診断を行い,OSを調整してパフォーマンスを改善する。両サービスとも,顧客が原因を知りPCをよりよく管理できるように「ステップアップ」のための助言を行う。

 新サービスは技術力はあるが自分で問題を追及するだけの時間がない女性向けとSymantecの広報は述べる。2007 Consumer Reportsによると,全米で180万世帯のPCがパフォーマンス上の問題で2年以上にわたって埃を被っているという。

 Alugas氏によると「この市場での最大の競争相手は,問題のあるコンピュータを持っている人の友人や家族だ」。そのほか,町のPC修理店や修理部門を持つ大型電器店とも競合する。

 新サービスが同社の販売する既存ソフトウェアをどう補完するのか,あるいはどう異なるのかという質問に対して,同氏は「Norton 360はインターネットキャッシュを削除したりゴミ箱を空にしたりはするが,スタートアップの内容までは扱わない」と述べ,新サービスはその分双方向的だと説明した。

 Norton技術サポート(現在は無償)と同じように,両サービスともリモート接続クライアントLogMeIn Rescueを利用しており,顧客の立ち会いの下でNortonの技術者がPCを操作することができる。その間,メモリやハードドライブにあるアプリケーションの使用頻度をチャットで尋ねることなどもできる。すべての操作は顧客の了解の下で行われると,Alugas氏は述べる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事