PR

 Kyocera Wirelessが,Googleの新しい携帯電話向けオープンソースOS「Android」を搭載した携帯電話を開発していることが明らかになった。これは,同OSの勢力を拡大する動きとなる。

 組み込みコンピューティングを専門とするWind River Systemsは米国時間10月21日,Kyocera WirelessのAndroid実装を支援するため,エンジニアリングサービスを提供することを発表した。Wind River Systemsは,製造会社のAndroid対応を支援するスタッフを増強している。Androidは今までのところ,34のメンバーから成るOpen Handset Alliance(OHA)によって共同で開発されてきた。

 HTCやMotorola,サムスン電子,LG電子などの携帯電話メーカーはすでにOHAメンバーだが,Kyocera WirelessによるAndroidの採用は,同技術が当初の支援企業グループを超えて拡大していることを示している。

 Wind Riverは,自社で「商用版」のAndroid向けLinuxを提供している。また,Texas InstrumentsやNECエレクトロニクス,STMicroelectronicsと提携し,ハードウェアに対するサポートを提供している。Kyocera WirelessがAndroidベースの製品を発売する時期は明らかになっていないが,Wind RiverのAndroidソフトウェアは2009年上半期に利用可能になる予定である。


この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事