PR

 交渉に近い2人の消息筋によると,Appleと3大レコード会社は,楽曲を「iTunes」でデジタル著作権管理(DRM)を適用せずに販売可能にする契約を締結したという。消息筋はまた,Appleはその引き換えとして,価格設定を柔軟化することに合意したと述べている。

 契約の条件では,楽曲の価格は,カタログに載っている旧作の楽曲,現在ヒット中の楽曲,その中間の楽曲(比較的新しいが大ヒットにはなっていない)の3種に類別されるようになると,消息筋の1人は述べている。Appleはすでに1年以上前からEMIの楽曲をDRMによる保護なしで販売しているが,米国でのEMIのシェアは10%以下となっている。このたびの新しい契約により,DRMフリーで販売される楽曲は3大レコード会社(Sony BMG,Universal,Warner Music)にも広がることになるだろう。

 同消息筋の1人によると,Appleと3大レコード会社はまた,無線(Over-The-Air:OTA)ダウンロードについても合意に達しているもようだという。それが事実なら,Wi-Fiではなく携帯電話網を介してiPhoneに楽曲をダウンロードできるようになる。交渉は先週終わっており,サンフランシスコで開催中のMacworld Conference and Expoで米国時間1月6日にもこの契約が発表されるかもしれない。

 Appleにコメントを求めたが回答は得られなかった。

 DRMフリーの楽曲は,以前からiTunes利用者の多くが求めていたことだ。しかし,米国最大規模の音楽小売業者であるiTunesでのDRMフリーの楽曲提供は喜ばしいことばかりではない。ヒット曲の中には値上がりするものもあるだろうからだ。また,一部からは,Appleが価格設定で譲歩したと受け止められるかもしれない。ppleの支持者は長い間,大手レコード会社からの強い不満にも関わらずAppleが価格設定を維持してきたことに対して賞賛してきた。

 同消息筋の1人によると,旧作の楽曲は1曲当たり79セントに下がるが,レコード会社は,一部のヒット曲の価格を99セント以上に設定する機会を得ることになるという。しかし,こうした曲もいずれは79セントに下がることになる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事