PR

 Cleantech Groupが米国時間1月6日に発表した統計の速報値によると,2008年に環境技術に投資されたベンチャーキャピタル投資総額は,薄膜型太陽電池メーカーへの大型投資が追い風となり,大きく伸びたという。

 同レポートによると投資総額は前年比38%増の84億ドルだった。

 成長を担ったのは太陽エネルギー関連の投資で,総投資額の40%を占めた。中でも,薄膜型太陽電池への投資は多く,NanoSolarが3億ドル,Solyndraが2億1900万ドル,SoloPowerが2億ドルと投資額上位3件を独占した。

  Cleantech GroupのシニアリサーチディレクターBrian Fan氏は声明で次のように述べている。

 2008年にクリーン技術に投資されたベンチャー投資資金のうち40%は太陽エネルギー関連だった。薄膜型太陽電池,集光型太陽熱発電,太陽エネルギーサービスを提供する企業に対する大型投資が,その主因だ。

 投資家は,引き続き,第1世代のエタノールやバイオディーゼル技術から次世代バイオ燃料へと関心を移しており,とりわけ藻類と合成生物学を扱う企業が注目されている,そのほか,投資家の興味を多く集めた分野としては,スマートグリッド,小規模風力発電,廃プラスチックの再利用,グリーンビルディング,農業技術などがある。

 分野別では,すでに述べたとおり,1位は太陽エネルギー分野で,これに続いたのは,エタノール,バイオディーゼル,合成生物学,藻類などのバイオ燃料分野(11%)。そして,3番手には,電気自動車,先進バッテリー,燃料電池などのメーカーを含む運送関連分野(9.5%)が続く。

 国別では,米国に本拠を置く企業が最も多く,明らかになっているものだけでも241件,58億ドル。増加率でも最大で,対前年比58%増だった。

 次いで,欧州とイスラエルの企業が146件で,47%増の18億ドル。

 中国企業は18件で,22%増の4億3000万ドル。インド企業は14件で,20%増の2億7700万ドルだった。

 発表によると,環境技術系ベンチャーへの投資は年間では増加したが,第4四半期(速報値)は対前年比でも対前期比でも低下したという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ