PR

 TechCrunchの報道によると,ある投資家グループが米Yahooの買収案をまとめつつあり,Microsoftに金銭的な後ろ盾を求めているという。

 この案では,投資家グループが全Yahoo株式を現在の株価(1月7日の終値で1株当たり13ドル)に約20%のプレミアムを上乗せして購入することになる。

 TechCrunchの報道によると,同投資家グループは,こういった条件の下で200億ドルの時価総額を有することになるYahooを買収すると同時に,Microsoftが2008年6月に提示していた買収条件と同等の条件で,Microsoftに対してYahooの検索事業およびマーケティング事業を売却するつもりであるという。

 Microsoftはこの案に同意する場合,これらの事業を投資家グループから取得できる一方,Yahooの買収に必要となる資金の多くを投資家グループに対して事前に提供することになる。TechCrunchによると,Microsoftはこの資金を投資家グループに対して貸与するというかたちをとり,投資家グループはYahooの今後のキャッシュフローに基づいて定額の支払いを行うことになるという。

 もっとも,この報道によるとMicrosoftはまだこの案に同意していないという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事