PR

 明光商会の「細断ログシュレッダー」は、文書の廃棄情報を管理できることが売り物だ。第1弾として、パートナー企業であるスカイコムのセキュア・プリントソフトを組み合わせて顧客に提案する。



 細断ログシュレッダーの特徴は、本体にスキャナーとICカードリーダーを搭載していることだ。

 こうした製品を出荷するのは、明光商会が初めてである。「どの文書を廃棄したのか把握したい」という顧客の要望に応えて、製品化した。

 ユーザーがシュレッダーで廃棄しようとしている文書をスキャナーで読み取り、画像データとして記録する。画像データとICカードリーダーで読み取ったユーザー情報を一つにまとめて、「誰が」「いつ」「どんな文書」を廃棄したのかを管理できるようにした。

 明光商会は、細断ログシュレッダーを単体で販売するわけではなく、パートナー企業が手掛ける製品と組み合わせて提供する方針だ。「複合機やプリントサーバーなど他社製の印刷関連システムと細断ログシュレッダーの間でデータをやり取りできるようにする、専用ソフトを順次開発し搭載する」。明光商会の古川隆之営業企画部主任は言う。



本記事は日経ソリューションビジネス2009年1月15日号に掲載した記事の一部です。図や表も一部割愛されていることをあらかじめご了承ください。
同誌ホームページには、主要記事の概要や最新号およびバックナンバーの目次などを掲載しておりますので、どうぞご利用ください。
日経ソリューションビジネス・ホームページ