PR
[画像のクリックで拡大表示]

 まだ半ばラスベガスからの時差ボケと格闘中ではあるものの,まずわれわれが最初に取り組むべき仕事リストの中に,いまや広く提供が開始された「Windows 7」ベータ版を,ネットブック上にインストールしてテストすることがある。

 2009 Consumer Electronic Show(CES)の期間中に,複数PCメーカーとのオフレコの談話とはなるものの,Intelの「Atom」プロセッサをCPUに採用するシステム上で,Windows 7が快適に動作するということを耳にしてきた。これは,通常はVistaに関しては当てはまらないことである(それほど優れたユーザーエクスペリエンスを提供してこなかったようだが,それでもVistaが,Atomプロセッサおよび2Gバイトのメインメモリを組み合わせた,ソニーの新モバイルPC「VAIO type P」を用いたベンチマークテストでは,実はかなり良い結果を出してきていることは注目に値するだろう)。

 早速われわれは,32ビット版のWindows 7を,典型的なネットブックにインストールしてみた。インストールはスムーズに進み,一見したところ,ネットブックでWindows 7は快適に動作するようである。とはいえ,ワイヤレス通信カードは,初めは検出されなかった。最終的には,この不具合も解消され,高速動作性能を比較するため,われわれは,iTunesを用いたベンチマークテストを実施してみた(ちなみに今回使用したテストシステムは,IntelのAtomをCPUに採用し,1Gバイトのメインメモリ,80Gバイトで5400rpmのHDDを装備している)。

 iTunesによるテストは,CPU性能に特化した特徴もあったため,ほぼ似たようなスコアが出てきたことに,それほど驚くことはなかった。XPのテスト終了には743秒を要し,Vista(グラフィックスオプションはVista Basicに設定)およびWindows 7は,760秒という同じスコアを記録した(所要時間が短いほど,パフォーマンスが良いことを示している)。

 今回のベンチマークテストの結果からは,Windows 7のアドバンテージが導き出されることはなかったものの,しばらく試用してみた感覚では,スタートメニューやマイドキュメントフォルダを開くのに,少し苦労することはあったものの,概してWindows 7のインターフェースは,Vistaよりも反応が速く,もたつくことも少なかったように感じている。現在,さらなる詳細なテストを進めており,まもなくその結果もお伝えできると思う。

 Windows 7が,本当にネットブックに適しているのかどうかは,Microsoftが,ネットブックに特化したWindows 7のビルドを開発しているとの情報はあるものの,現時点では定かでない。とはいえ,もしWindows 7が,ネットブックに正式に対応してくるならば,ついにMicrosoftも,長期に渡って提供を続けてきたXPを,ついに引退させられる,良い口実が見つかることになるだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

関連記事