PR
「Office 14」のスクリーンショットとされる画像(提供:wzor.net)
「Office 14」のスクリーンショットとされる画像(提供:wzor.net)
[画像のクリックで拡大表示]
「Office 14」のWordとされる画像(提供:wzor.net)
「Office 14」のWordとされる画像(提供:wzor.net)
[画像のクリックで拡大表示]

 さまざまなMicrosoftファンサイトが米国時間1月15日,テストの初期段階にある「Office 14」のスクリーンショットとされる画像の話題で盛り上がった。

 ロシア語サイトwzor.netには,Office 14を構成する個々のプロダクト,アバウトページ,スタートメニューの多数のスクリーンショットが掲載されている。これらを見ると,Office 14は多くのプロダクトで構成されているようだ。

 掲載した1つ目のスクリーンショットを見ると,Office 14には,「Access」「Excel」「Groove」「InfoPath」「InterConnect」「OneNote」「Outlook」「PowerPoint」「Project」「Publisher」「SharePoint Designer」「Vizio」「Word」などが含まれていることが分かる。また,Office 14「Mondo」と呼ばれる製品のスクリーンショットに関する言及もある。UX Evangelistブログによると,Microsoftは以前のテスト版でも「Mondo」という言葉を使用していたという。

 Microsoftはこれらのスクリーンショットについてのコメントは避けた。また,同社はOffice 14のベータ版あるいは正式版のリリース時期も明らかにしなかったが,今四半期の末までに詳しい情報を提供する予定だ。ロシア語サイトwzor.netの内容をAeroXPに掲載された翻訳で確認したところ(私はロシア語が得意ではない),Office 14のベータ版は5月までに,また正式版はその後,2009年末までにリリースされる見込みだという。

 Microsoftは今週初め,一部の外部テスター向けにOffice 14のサーバコンポーネントをリリースしたと発表した。しかし,どうやら中にはクライアント製品も入手した人がいたようだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事