PR

 01月19日~01月23日の週に毎日更新した特集は,以下の5本でした。

システム延命で逆風を乗り切れ

 システムの寿命を自らコントロールすることで,IT投資を削減する動きが出てきた。システムを「いつまで使うか」や「いつ捨てるか」を決めるのは,メーカーでも法律でもなく,ユーザー自身だ。

>> 目次

フレッツ光は再加速できるか

設計書の作り方  フレッツ光の純増ペースに急ブレーキがかかっている。それでもNTTは「2010年度末までに累計2000万ユーザー」という中期経営目標を変えていない。純増ペースを再加速させる起死回生の策はあるのか。今後のシナリオを検証する。

>> 目次

[Around 55]今こそ自己実現。引退はまだ早い

 定年退職へのカウントダウンが始まったAround 55(55歳前後)のITパーソンの実像に迫る。調査でわかった55歳の平均像、自己実現を果たした50代ITパーソンのインタビュー、自己実現のために読んでおきたい書評を通して、Around 55の生き方を探る。

>> 目次

みんなが独りぼっちにならないプロジェクト

 「部下の自主性を引き出すには」「雑務が多くて勉強時間を作りにくい」…。現職ITリーダーの悩みは多い。ITpro読者の貴重な体験やノウハウを、「生きたケースメソッド」として共有するプロジェクトを始めた。

>> 目次

設計書の作り方

 たとえきちんと設計しても,意図を正しく伝えるのは難しい。読み手は増えており,それぞれで視点や知識レベルが異なるからだ。過不足や表現ミスをなくし,誤解を招かない設計書を作ろう。

>> 目次