PR

 Yahooは米国時間1月16日,「Yahoo Open Strategy」で中心的な役割を占める「Yahoo Updates」機能を強化し,ブログ投稿,Twitterへの投稿,写真のアップロード,Yelpへのレビュー投稿といったユーザーの活動を,オンラインソーシャルコミュニティのメンバーに公開できるようにした。

 今回の機能強化は,同様のサービスを提供しているFriendFeedやFacebookに対するYahooの潜在的な競争力を高めることになる。ただし,そうした競合相手は,Amazon,Digg,「Google Reader」などのサービスについても活動状況を公開できる機能を提供している。

 サードパーティーの21種類のサービスに対応したことで,Yahooの「ニワトリが先か卵が先か」という問題の半分は解決できる。残りの半分は,実際にユーザーを引きつけてサービスを使ってもらうにはどうするか,ということだ。Yahooには数億人のアクティブユーザーがいるが,彼らはYahooを利用してソーシャルネットワーキングを行うことには慣れていない。

 Yahoo自身のオンライン資産のうち,34種のサービスについては活動状況を公開できるが,画像共有の「Flickr」やソーシャルブックマークの「Delicious」など,当然利用できていいはずのサービスがそこに含まれていない。広報担当者のLucy Chung氏は,「『Yahoo Buzz』『Yahoo Music』『Yahoo TV』からの更新情報(Updates)は現在共有できる。他のサービスについては,できるだけ早くUpdatesの情報源として追加できるよう取り組んでいる」と述べた。

 Yahoo Open Strategyは,インターネット利用の新時代に備えたYahoo再編の取り組みにおいて,主要な役割を担うものだ。いくつかの新興サービスに後れを取ってはいるが,会員数の多さを活用すれば追いつくことは可能だろう。

 Yahoo Open Strategyにおける取り組みとしてはこのほか,外部の開発者が独自の検索エンジンを構築できる「Yahoo Search BOSS(Build Your Own Search Service)」,特定の目的に合わせて詳細な検索結果を表示できる「SearchMonkey」,「Yahoo Mail」「My Yahoo」および「Yahoo.com」トップページにおけるオンラインアプリケーションの追加,ソーシャルなつながりへの注目度を高めるFlickrの改良などがある。

 今回の取り組みがうまくいけば,既存ユーザーの活動と忠誠が増すだけでなく,新規ユーザーの獲得にもつながるだろう。そうなれば,Yahooの広告販売件数が増え,おそらくは広告単価も向上するはずだ。

 新機能の使い方については,この話題に関するYahooのブログ記事で確認できる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事