PR

 Googleは,ユーザーが検索結果に最も表示させたいサイトのリストを作ることにより検索をカスタマイズできる機能を実験している。

 Preferred Sitesと呼ばれるこの機能は,検索クエリに関連する検索履歴に基づいて頻繁に訪れるサイトを検索結果として表示するが,ユーザー自身によるサイトの追加や削除も可能だ,と同機能のヘルプページは説明している。

 このPreferred Sites機能を利用することにより,ユーザーはGoogle Web Searchにおける優先順位を決めることができるため,自分の好みやニーズに沿った検索結果を導くことができる。最も依存度の高いサイトを設定しておくと,それらのサイトが検索クエリと関連がある場合に通常よりも頻繁に検索結果に表示される。

 また,このPreferred Sitesは,他のすべての人の検索にも影響を及ぼす可能性があるという。

 誰もがこの機能を利用可能になれば,人々は信頼できるサイトの選別が可能になり,その結果,すべての検索結果に影響を及ぼすことになる。

 このPreferred Sitesは,Google SearchWiki機能の拡張機能だ。SearchWiki機能は,ユーザーに特定検索結果の順位引き上げ,追加,削除,注釈の追加をできるようにする。Preferred Sitesは,ユーザーがGoogleアカウントにログインしている間だけ有効となり,同機能を使って設定されたユーザーの優先サイトや検索結果は他のユーザーには公開されない。

 このPreferred Sitesは,Google SearchWiki機能の拡張機能だ。SearchWiki機能は,ユーザーが特定の検索結果を上位に引き上げたり,追加,削除を行ったり,注釈を付けられるというもの。Preferred Sitesは,ユーザーがGoogleアカウントにログインしている間だけ有効となるが,同機能を使って設定されたユーザーの優先サイトや検索結果は他のユーザーには公開されない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ