PR

 Seagate Technologyは米国時間1月20日,現在発売中のHDDでコンピュータからHDDを認識できなくなる問題に対応した修正ファームウェアを公開した。しかし,この修正ファームウェアを用いると500GバイトのHDDが機能しなくなるとの指摘が複数のユーザーからあり,同社は公開を停止した。

 一連の問題については,2008年11月にSeagateのコミュニティーフォーラムのメンバーが取り上げており,Seagateは今回の修正ファームウェアを提供するまで2カ月近くかかったことになる。

 この不具合は,「Seagate Barracuda 7200.11」シリーズのかなりの割合のHDDに影響するだけでなく,「Seagate Barracuda ES.2」のSATA接続モデルおよび「Maxtor DiamondMax 22」のHDDも対象となっている。インターネット上のさまざまなフォーラムは,SD15レビジョンのファームウェアを搭載したHDDの購入を控えるよう警告するメッセージであふれていたが,Seagateの発表によれば,一部の型番のHDDでは,ファームウェアレビジョンがSD16,SD17,SD18,およびSD19でも不具合の影響を受けるという。

 SeagateがBarracuda 7200.11シリーズのHDDでファームウェアの問題を引き起こしたのは,今回が初めてではない。SD04とSD14のファームウェアレビジョンでは,利用可能なキャッシュ容量の一部にしかアクセスできなくなるためにパフォーマンスが低下するという問題が発見され,AD14で修正されている。

 今回の問題を受けてリリースされたSD1Aファームウェアは,一連の問題の発生防止を目的としたものだが,既に読み込めなくなっていたドライブをアップデートして復活させるのにも成功したと,一部のユーザーはSeagateのフォーラムで報告していた。

 だが,Barracuda 7200.11シリーズでも,容量500GバイトのHDDでは,アップデートによってHDDが「塊(brick)と化した」(ハイテク業界の言葉で,製品が使えなくなること)との報告がユーザーからあがっている。

 そのため,Seagateはこのファームウェアアップデートを取り下げ,現在は「検証中」だとしている。

 米国のユーザーについては,万が一ファームウェアの不具合によってデータが失われてしまった場合,無料のデータ復旧サービスが用意されている。

 影響を受けた機種は以下の通り。

HDDタイプ 型番 ファームウェアレビジョン
Barracuda 7200.11 ST3500320AS SD15,SD16,SD17,SD18
ST3640330AS
ST3750330AS
ST31000340AS
Barracuda 7200.11 ST31500341AS すべて
ST31000333AS
ST3640323AS
ST3640623AS
ST3320613AS
ST3320813AS
ST3160813AS
Barracuda ES.2 SATA ST3250310NS すべて
ST3500320NS
ST3750330NS
ST31000340NS
DiamondMax 22 STM3500320AS MX15以上
STM3750330AS
STM31000340AS
DiamondMax 22 STM31000334AS すべて
STM3320614AS
STM3160813AS

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事