PR

 2008年のIT専門職の平均給与は,前年比4.6%増の7万8035ドルだった。IT職専門求人サイトDice.comが米国時間1月22日にリリースした調査結果から明らかになった。

 現在,米国では企業がレイオフや賃上げの凍結を相次いで発表しており,中にはAdvanced Micro Devices(AMD)のように一時的な賃金カットを実施する企業もある。このような状況下で,今回の調査結果が発表された。

 この調査は,2008年8月から11月にかけて実施され,1万9000件以上の回答が寄せられた。その結果,一部のセクターや職種では給与の増加率が前年比で上回ったことが分かった。

 セキュリティアナリストの2008年の平均年収は前年比8.4%増と大幅に増加した。これに,ソフトウェアエンジニアは7%増,アプリケーション開発者は6.6%増と続いている。

 Dice.comの最高マーケティング責任者(CMO)であるTom Silver氏は,「ハイテク分野で必要とされるスキルは次々と変わる。そして,雇用主も最先端のスキルを持つ人材の必要性を認識している」と話している。

 同氏によると,雇用者は結果として,高度な技能,特に会社のコスト抑制に寄与する技能の持ち主を,たとえ高給を支払ってでも雇用することに積極的だという。

 セクター別では,2008年に給与の増加が最も大きかったのはコンピュータハードウェア部門で,平均で前年から9.4%増加した。インターネットサービス部門が8.8%増で続き,医療/製薬業界は7%増だった。

 しかし,確かに2008年にIT職の給与は平均で4.6%増加したが,求職者にとって2009年はさほど幸運な年ではないかもしれない。

 「別の調査で,2009年にIT職の給与はどうなるか,雇用主らの考えを尋ねてみた。その結果,回答者のおよそ25%が,新規採用者の給料を減らすと答えた」(Silver氏)

 Silver氏は,この結果を踏まえ,2009年にはIT職の給与の全体的な増加は減少すると見ている。しかし,同氏はどの程度減少するかの予測は示さなかった。

 2006年のIT職の給与は前年比で1.9%増だった。2004年は前年と比べて2.6%の減少だった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ