PR

 Sun Microsystemsが従業員1300人を削減した。これは,同社が11月に初めて明らかにした人員削減計画の一環。同計画では,従業員の14~18%にあたる6000人の削減計画が発表されている。

 この度の人員削減はワールドワイドで実施され,2008年12月に発表されたスコットランドの工場における約130人の削減計画に続くものである。

 Sunは米国時間1月22日に声明で,この度のレイオフは「バイスプレジデントや管理職を含め」包括的に実施されたと述べている。Sunによると,この削減は同社再編の一環であり,年間で7億~8億ドルの削減を目指しているという。この再編の結果,成長機会がある分野にリソースを割り当てた,より効率的なカバレッジモデルになると同社は考えていると述べた。

 声明によると,Sunは,コスト削減策や組織変更で「同社が財務成績の改善に向かう」ことを見込んでいるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事