PR

 Microsoftが5000人の従業員をレイオフする計画を発表した当日である米国時間1月22日には,どの製品,チーム,そして役職が具体的に削減されるかが不明確であった。そしてその翌日も,依然としてかなり曖昧なままである。

 しかしどうやら,同社のEntertainment & Devices(E&D)部門(「Windows Mobile」「Xbox」「Zune」)がレイオフの第1ラウンドで最も大きな打撃を受けたという情報がある。そして同社のE&D削減の矛先はゲーム分野だという話がますます有力になっているようにみえる。

 Microsoftは「Flight Simulator」を開発,維持したゲームグループであるAces Studioを完全に閉鎖したと,同社に近い情報筋が確認している。Acesのほかのフランチャイズには,「Combat Flight Simulator」と「Train Simulator」が含まれる。

 GameSutraはAces Studioが22日のレイオフにより大きな影響を受けたと報じている。Acesは「ダメージを受けた」だけにとどまらず,終わったと筆者は聞いている。Acesは,なかでもEnsemble,Bungie,そしてDigital Anvilといった,Microsoftの小規模だが増加しつつある元ゲームスタジオのリストに加わることになる。

 これについてはMicrosoftから正式な確認を得ていない。しかし以上がさまざまな筋から,直接にあるいは間接的に聞いた話である。

 Microsoftの人員削減の結果として,排除された他の製品やチームについて,さらなる詳細や具体的な情報を知っている人はいませんか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事