PR

 エンプレックスが3月31日に発売する管理会計ソフトの新版「eMplex PBM Release 9.0」は、主に中堅・中小のSIerが工事進行基準で使うことを狙った製品。企画・開発では自社利用も念頭に置いて議論を重ね、プロジェクトの現場から経理担当者、経営層までが簡単に使えるソフトに仕上げた。



 「工事進行基準への移行を進めるSIerが求める機能をすべて盛り込んだ」。eMplex PBMの企画・開発の責任者であるES事業部製品企画部の松橋賢氏は胸を張る。

 eMplex PBMは主に中堅・中小企業を対象にした管理会計ソフト。使い勝手の良さを求めてエンプレックスが自社開発したもので、ユーザー企業にはSIerやソフトメーカーが多い。ITサービス業界では、今年4月から会計基準が原則として「工事進行基準」になるため、新版9.0では進行基準への対応を最重要課題とした。

 進行基準では、売り上げと原価の予算と実績を厳格に管理し、進捗率を正確に把握する必要が生じる。プロジェクトの個別原価計算も不可欠になる。そこで新版には、プロジェクトごとに進行基準の適用や非適用を選択できる機能や、予算と実績の差異の算出、原価比例法に基づく進捗率の算出機能、財務会計ソフトとの連携機能などを加えた。



本記事は日経ソリューションビジネス2009年1月30日号に掲載した記事の一部です。図や表も一部割愛されていることをあらかじめご了承ください。
同誌ホームページには、主要記事の概要や最新号およびバックナンバーの目次などを掲載しておりますので、どうぞご利用ください。
日経ソリューションビジネス・ホームページ