PR

 市場調査会社In-Statは米国時間1月27日,ソリッドステートドライブ(SSD)は不透明な世界経済にもかかわらずAppleのiPodやiPhoneなどの需要により急成長が見込まれるとする報告書を発表した。

 それによると,SSDの売り上げは2012年まで年率100%を超える勢いで伸びるという。なお,SSDにはNAND型のフラッシュメモリが使われる。

 同社のシニアアナリストIan Lao氏は「立ち上がりはごく小さかった。実際,2006年は数千万ドル程度だった。しかし,2012年までには50億ドルを優に超えるだろう。したがって,成長率はかなり高い」と述べ,2006年から2012年までの成長を年率106%と予測している。

 一般消費者向けでは,成長の大部分は携帯音楽プレーヤーやスマートフォンなどの小型機器によるものだと同氏は見ている。AppleのiPodやMicrosoftのZuneなどの音楽プレーヤーは1.8インチ小型ハードディスクドライブに代えて耐久性や耐衝撃性に優れたSSDを採用すると予想されるからだ。「Zuneを落としたら動かなくなってしまった」というリスクを,SSDならはるかに高い信頼性で避けられるとLao氏はいう。

 一方,スマートフォンでは比較的簡易なフラッシュドライブを採用しているが,スマートフォンがPCに近づくにつれ,現在PCで使われているSerial ATA(SATA)インターフェースを備えた,より複雑なSSDを採用するようになるだろうという。たとえば,オペレーティングシステムも機能もよりコンピュータに近いiPhoneはSSDを採用すると同氏は見ている。

 現行のMacBook AirやHP Voodoo Envy 133がそうであるように,今後登場するウルトラポータブルPCも,ネットブック同様,SSDの成長を後押しするだろう。

 企業向け市場でも急成長が見込まれる。同氏によると,サーバ環境で使われる超高速ハードディスクドライブをSSDに置き換える例が増える見込みだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ