PR

 AOLは米国時間1月28日に全社向けに送付した電子メールの中で,深まる景気後退への対応を強化するため,従業員の10%にあたる700人を削減する計画を明かした模様だ。

 CNET Newsが入手した電子メールの中で,AOLの会長兼最高経営責任者(CEO)Randy Falco氏は,人員削減を3月末までに実施するとともに,3つの中核事業に注力するため,事業グループや設備の統合も実施する予定だと述べた。3つの中核事業とは,広告配信技術「Platform-A」,ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の「People Networks」,およびコンテンツサイトの「MediaGlow」を指している。さらに同氏は,2009年は従業員の昇給を凍結する方針も示した。

 Falco氏は次のように記している。「従業員を削減することは決して簡単なことではなく,現在のような状況においては特にそうだが,削減の目的は成長に必要なリソースを中核事業に向けることだ。削減対象者に対しては,退職手当を支給するなど,従来と同様にあらゆる支援をするつもりなので,どうかご理解いただきたい」

 今回のレイオフに関しては,Kara Swisher氏が最初に報じ,自身のブログBoomtownに電子メールの内容を転載した。

 AOLの広報担当者は,同社からコメントすることはないと述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事