PR

 Adobe Systemsは米国時間1月29日,「Adobe Integrated Runtime」(AIR)および「Flash Player 10」が追い風を受け,リリース後1年以内で記録的な普及率を示していると述べた。

 同社によると,ウェブアプリケーションをPC上で稼働可能にするソフトウェアであるAIRは,リリース後1年以内で1億件以上のインストールを達成したという。

 Adobeはこうした状況の中,市場における新勢力に直面している。こうした競合の1社であるAppceleratorは,オープンソースソフトウェアの高まる人気が,AIRの勢いを奪うことになると述べている。

 Flash Player 10は,リリース後2カ月以内で全世界のコンピュータの55%以上にインストールされた。Adobeでは,この数字はさらに伸び,第2四半期までには80%になると予測している。

 AdobeのFlashがすでに大半のWindows PCにインストールされていることを考えると,こうした予測もあまり意外なことではない。同社はFlash Player 10で同製品をメジャーアップデートし,システムにおけるオーディオやグラフィックスの処理方法を改善した。

 それでもなお,Flash Player 10のリリース数日前にMicrosoftが競合ソフトウェア「Silverlight 2.0」をリリースしていることを考えると,Flash Player 10のこうした導入状況は,Adobeにとって幸先の良いことである。

 Silverlightの普及率について,Microsoftの関係者にコメントを求めたがすぐに回答は得られなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ