PR

 この記事を読んで,皆さんはどう思うだろうか。

 筆者は米国時間1月28日,30ドルを払ってiTunesのいくつかの楽曲をアップグレードした。「iTunes Plus」ではこの方法しかなかったからだ。ライブラリにあるアップグレード可能な楽曲すべてをアップグレード(高ビットレートに変換)するか否かの2つの選択肢しかなかったのだ。

 しかし,Macworld.comは29日,iTunesが1曲ごとにアップグレード可能になっていると報じた。何というタイミングだろうか。

 あと数時間待っていれば,OASISの「The Shock of the Lightning」に30セント払う必要はなかったのだ(昔はこの楽曲が好きだったが,あまりに良く聞くので飽きてしまった)。だが,筆者がこの記事を書く直前にiTunesのメイン画面でアップグレード機能を確認していたところ,新たに3曲が高音質バージョンで提供されたことを知らせていた。このうち2曲は英国のバンドKasabianで,1曲はA Tribe Called Questのものだった。

 A Tribe Called Questは今度にして,Kasabianの2曲に60セント払ってみることにした。アップグレードメニューは通常の購入と同じようなインターフェイスになっており,各楽曲の横に購入ボタンがある。

 私事だがここで1つ問題がある。筆者は256kbpsでも音質の違いを実感できないのだ。

 高性能なヘッドフォンをつけるか,高品質なスピーカーで聴けば違いがわかるのかもしれない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事