PR

 Microsoftは選ばれたテスターのグループに対し,アップデートされた「Windows Vista Service Pack(SP) 2」と「Windows Server 2008」のテストビルドを提供し始めた。

 Microsoftはいわゆる「エスクロー」Release Candidateビルドを米国時間1月28日にサイトから提供し始めている。

 Microsoftがテスターに送付した電子メールからは以下の通りである:

 「RC-EscrowビルドをWindows Vista SP2/Windows Server 2008の次期マイルストーンリリースとして発表できることに沸き立っています。これは今ではダウンロードにより入手できるようになりました。本ビルドはWindows Updateからダウンロードしてインストールするほか,いくつかのパッケージオプションを通して入手することができます。」

 MicrosoftはWindows Small Businessサーバ上で来るサービスパックをテストしようという人々に対して,「ブランディングに影響を及ぼす既知の問題」があるとして,新しいSP2をダウンロードしないように警告している。

 MicrosoftはWindows Update Serviceを通してエスクロービルドを入手するのは,明日の1月30日まで待機するようにとテスターに忠告している。テスターに送付した電子メールによると,「RC Escrowをはじめとして,Windows UpdateインストレーションはVistaとServer 2008がサポートする全ての言語について入手できる」という。(サポートされている言語には,英語,スペイン語,ドイツ語,フランス語,日本語が含まれる。)

 Microsoft関係者は,現時点では新しい機能の提案を求めているのではなく,「本マイルストーンでは,SP2の回帰とフィックスの確認だけが考慮される」とテスターたちに指摘した。SP2には現在のWindowsクライアントとサーバのリリースに対するフィックスやアップデートが含まれている

 Microsoft関係者は,ユーザーがVista SP2とWindows Server 2008の最終リリースを予期すべき時期についてはガイダンスを示すことを拒否した。同社の目標は,Windows 7とWindows Server 2008 R2コードの最終版を提供する前に,SP2をリリースすることであった。

 TechARP Webサイトによると,Microsoftの最新の予定表では,SP2が2009年第2四半期に最終版としてリリースされることになっているという。これは多くが当初予想していたよりも1四半期分遅れている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ