PR

 Dellのスマートフォンに関するうわさはしばらく前からあったが,The Wall Street Journal(WSJ)は米国時間1月29日,このうわさについてより具体的に報じた。WSJの記事は,Dellの「エンジニアグループが,シカゴ地域にあるオフィスで1年以上にわたってスマートフォンの開発に取り組んでいる」としている。

 WSJはその計画に近い情報源の話として,DellのエンジニアチームがGoogleのOS「Android」とMicrosoftの「Windows Mobile」(読者はどちらがお好みだろうか)を搭載した試作品を製造したと伝えている。WSJによると,1つはタッチスクリーン搭載で物理的なキーボードがないAppleの「iPhone」風モデルで,もう1つはキーパッドを画面の下からスライドさせて使用するスライダースタイルのモデルだという。

 Dellの広報担当者は,この件については以前と同様に堅く口を閉ざしており,同社はそのような計画を発表していないと述べ,「何も約束していない」と付け加えた。

 しかし,WSJによると,Dellのスマートフォン開発チームは2008年の大半を,電話部品のサプライヤー,電話用ソフトウェア会社,アジアの電話機メーカーとの打ち合わせに費やしたという。

 PCの出荷が落ち込む中で,PCメーカーがスマートフォンに目をつけるのは当然である。

 あらゆるスマートフォンが同じように成功しているわけではないが,全体的には今も健全な分野だ。成長率は最近まで約50%だったが,現在もなお10~15%の成長率を示している。ワイヤレスおよび通信業界のアナリストであるJeff Kagan氏によると,この数字は依然として健全な市場であることを示しているという。

 「Dellが発売するスマートフォンは大成功するのか,それとも少し売れる程度なのかは,大きな問題だ。もっと具体的な情報がないと分からない。売れるかどうかは製品次第だ」(Jeff Kagan氏)

 Dellは1年半以上,ハンドヘルド市場から離れていたが,2007年8月にソフトウェア会社Zing Systemsを買収したことなど,様子見をしていたという気配はあった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事