PR

 米Motorolaの共同最高経営責任者(CEO)Sanjay Jha氏は米国時間2月3日に行われた決算発表質疑応答でアナリストの質問に回答し,いずれ「Windows Mobile 7」搭載携帯電話を投入すると発言した。その発言には,おそらく当人の意図を超えた大きな意味がある。

 「そう,当社は依然としてWindows Mobileを支持している。知っての通り,2009年に提供されるのは『Windows Mobile 6』だ。これと『Google Android』を比較すると,2009年はAndroidの競争力が高いだろう。したがって,2009年はAndroidの方に力を入れる。しかし,Windows Mobile 7が利用できるようになる2010年からはWindows Mobile 7に注力する」とJha氏は述べた。

 Microsoftの関係者は,Jha氏の発言にはコメントを控え「本日発表すべきことはない」と述べた。

 2008年9月,CNET Newsは,MicrosoftがWindows Mobile 7は早くても2009年下半期になることを提携企業に通知したと報じた。同氏の発言は,リリース時期がさらに延びることを示唆するものだろう。

 MicrosoftはWindows Mobileの次期バージョンで,Appleの「iPhone」に対抗する意向である。次期バージョンに搭載されると大方が予想する機能の1つに高度なジェスチャー認識機能がある。これはiPhoneに類似したものになるだろうが,おそらくジェスチャーの読み取りにはカメラも使われるだろう。

 Windows Mobileについて,Microsoftはこのところ沈黙を守っているが,同社の最高経営責任者(CEO)であるSteve Ballmer氏は2月中旬にバルセロナで開催されるMobile World Congressで基調講演を行うことになっており,その際,何らかの発言があると見られている。同社によると,OS,提携企業,モバイルサービスについて話すことを予定しているという。

 Windows Mobile 7のリリースはおそらく遅れるだろうが,同社は,「Windows Mobile 6.5」と名付けられているある種の暫定リリースを準備しているとし,2009年内にブラウジングなどの機能を向上させるとも約束している。一方,モバイル部門を率いるAndy Lees氏は,1月のインタビューで,まだやるべきことがあると認めている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事