PR
[画像のクリックで拡大表示]

 Microsoftは,携帯電話内のデータの保存,共有,バックアップが可能なウェブベースのサービス「My Phone」を正式発表する準備を進めているようだ。

 同サービスは,使用する携帯電話にMicrosoftの携帯端末向けオペレーティングシステム(OS)「Windows Mobile 6」が搭載されていることが条件となる。また,当初はユーザーを限定したベータ版として提供される。

 Microsoftは公開予定日前にMy Phoneを誤ってウェブ上で公開してしまい,その際に同サービスの詳細が漏れてしまった。同サービスについて最初に報じたのはブログEngadget Mobileのようだ。同ブログはこのサービスをSkyBoxと呼んでいた。

 MicrosoftのMy Phoneサイトによると,同サービスでは携帯電話内のデータのバックアップや保存,アドレス帳やスケジュール情報へのアクセス,写真の共有が可能だという。ユーザーには200Mバイトの無料ストレージが提供されるが,その制限を超えた分のファイルは消去され,同期できなくなるため注意が必要だ。

 ZDNetに寄稿するMatthew Miller氏は,My Phoneサービスを間もなく立ち上げるとの確認をMicrosoftから取り付けている。以下はMiller氏による同社の声明の抜粋だ:

 われわれは,新しいMicrosoft My Phoneサービスを提供できる日を心待ちにしている。まずは,招待制の制限付きベータ版として提供する。このサービスは携帯電話をPCやウェブと結び付け,モビリティをMicrosoftにおけるソフトウェアプラスサービスの要に据えたという意味において,重要なマイルストーンである。

 Microsoftは,2月中旬にスペインのバルセロナで開催されるMobile World Congressで,このサービスのより詳しい内容を発表する予定だ。

 1月に,MicrosoftのWindows Mobile部門の幹部Andy Lees氏は,CNET NewsのIna Fried記者に対し,同イベントでMicrosoftの新しい携帯電話戦略の第一段階を発表すると語り,その例として携帯電話をPCやウェブと結び付けるサービスを挙げていた。

 Lees氏はCNET Newsのインタビューに対し次のように語った。「Mobile World Congressで多くの発表を行うが,それを皮切りに,向こう12~18カ月間でいろいろなものを披露してゆく」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ