PR

 Googleは,競合メールサービスから「Gmail」への移行プロセスを簡素化するため,オンラインアカウント移行ツールプロバイダーであるTrueSwitchと提携したという。Googleの動向を追跡する非公式ブログのGoogle Operating Systemが報じた。

 Googleはこれまで,Gmailユーザーが他のメールサービスからアドレス帳やメッセージをインポートできるツールを提供してきた。しかし,同社は,これまでのデータインポートが新規ユーザーにとって複雑であると考え,アカウントをより簡単に移行できる手段を模索していたようだ。

 Google Operating Systemによると,TrueSwitchの移行ツールを利用することにより,「AOL Mail」「Yahoo Mail」,MSNの「Hotmail」といった他のメールサービスで使用していた全てのデータをGmailに取り込めるという。

 このTrueSwitchの移行機能は,Gmailの「Settings(設定)」メニューに追加される予定。インポートしたいアカウントのメールアドレスを入力すると,アカウントのパスワードの入力とインポートしたいデータの決定を求められる。またユーザーは,インポートしたメッセージにラベルを付けて,古いアカウントに送信されたメールと新しいGmailアカウントに送信されたメールを分別できる。インポートしたメッセージがGmailに現れるまで24~48時間かかる。

 TrueSwitchのツールを利用することにより,Gmailへの乗り換えに伴う困難は大幅に緩和される。Yahoo MailやHotmailユーザーの中には,Gmailへの移行に伴うデータの喪失を嫌い,従来のサービスを使い続ける人もいた。

 TrueSwitchのインポートツールは,今後数日かけて展開されていくもようだが,全てのユーザーが利用可能になるのがいつになるのか明らかではない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事