PR

 PCメーカーのLenovoとスマートフォンメーカーのResearch In Motion(RIM)は異なる分野の端末を製造するが,共通点1つがある。ターゲットユーザーだ。

 これに気付いた2社は,「Lenovo Constant Connect」サービスで提携した。Lenovoの「ThinkPad」とRIMの「BlackBerry」を容易に連携できるというものだ。

 提携の下,Lenovoは,BlackBerryとThinkPadの電子メールプログラムを自動的に同期するPCI Expressカードを150ドルで提供する。「Outlook」およびPOPメールアカウントに対応する。特徴は,ThinkPadの電源がオンである必要はないことだ。電源はオフでもいいし,サスペンドやハイバネーションでも,もちろんオンでもよい。

 これにより,ノートPC上で,BlackBerryとまったく同じように電子メールを受信できる。違う点は,電子メールメッセージのファイル容量に制限がないこと(BlackBerryでは32Kまでという制限がある),あらゆる種類の添付ファイルをネイティブフォーマットのまま受信できることだ。

 LenovoのエグゼクティブディレクターでDistinguished EngineerのRich Cheston氏によると,RIMとLenovoは2年前からこのサービスを開発してきたという。PCI ExpressカードはBluetoothを搭載し,BlackBerryと接続してデバイス間で常時データをやりとりする。同カードは,2008年夏以降に製造されたThinkPadの全機種と互換性がある。Constant Connectの機能は,当時からLenovoのPCに組み込まれているが,これまで発表できなかった,とCheston氏は説明した。

 北米では,カードは第2四半期にLenovoより発売される。ワールドワイドでの発売は2009年後半の予定。

 Lenovoが提供する動画のデモンストレーションはこちら。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事