PR
「HTC Touch Pro2」(提供:HTC)
「HTC Touch Pro2」(提供:HTC)
[画像のクリックで拡大表示]
「HTC Touch Diamond2」(提供:HTC)
「HTC Touch Diamond2」(提供:HTC)
[画像のクリックで拡大表示]

 GSMA Mobile World Congress 2009は今も行動や感動を失っていないと言っていいだろう。その証拠として,GarminとASUSTeK Computer,Sony Ericsson,HTCなど数多くの電話機メーカーが来るべき新製品の詳細を公表しているのだから。

 現在開催中の同イベントにおいて,HTCはTouchシリーズのスマートフォンの新モデル「HTC Touch Diamond2」と「HTC Touch Pro2」を発表した。名称は無味乾燥だが,いずれもおしゃれに変身し「モバイルコミュニケーションに人間中心のアプローチ」をもたらす新機能が組み込まれた。

 その1つに挙げられるのは,連絡先ごとに,やりとりした情報が一元化されたこと。これにより,1枚の連絡先カードにテキスト,ボイス,電子メールによる会話の全履歴を記録でき,それを着信画面に表示することもできる。Push Internet Technologyという同社の新技術も初めて採用され,ウェブページのダウンロードと表示を高速化する。また同社最新のTouchFlo 3Dインターフェースのおかげで,より適切な情報が前面に出るようになり,タッチする領域が広くなって指で操作しやすくなった。

 次に両機種の違いを挙げる。まず,一見して明らかにフォームファクタが異なる。Touch Diamond2はHTC Touch Diamondの後継機で,より薄型になり,画面も大きくなった(3.2インチ)。また,VGAタッチスクリーン,重力センサを特徴とする。実寸は,高さ4.25インチ(約10.8cm),幅2.09インチ(約5.3cm),厚さ0.54インチ(約1.4cm)。タッチセンサ式ズームバーを備えており,ウェブページ,電子メール,文字メッセージ,写真,文書を見るとき,簡単な操作で速やかにズームインすることができる。

 プラットフォームはWindows Mobile 6.1。バッテリー寿命は5割増。カメラは5メガピクセル,メモリはROMが512Mバイト,RAMが288Mバイト。プロセッサーは528MHz。

 一方,HTC Touch Pro2はビジネス専用のスマートフォンで,同社のStraight Talk技術が新たに搭載された。非対称スピーカーでスピーカーホンの音質が改善され,全二重音声化で高度雑音抑圧機能が向上している。

 Diamond2と同様に,Touch Pro2も画面サイズが大きくなった。解像度480×800ピクセルのWVGA液晶タッチスクリーン画面(3.6インチ)に加え,近接センサおよび先に述べたズームバーを備えている。またより洗練されたデザインになり,スライド式のフルQWERTYキーボードを有する。

 HTC Touch Diamond2は,欧州とアジアでは2009年第2四半期中に出荷される予定。一方,米国などのそれ以外の地域では,2009年内の出荷となりそうである。HTC Touch Pro2は2009年夏に全世界へ出荷される予定であるが,両機種の価格については現時点で明らかにされていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事