PR

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)であるSteve Ballmer氏をモスクワで取り囲んだ報道陣は,OracleがSun Microsystemsを74億ドルで買収することで合意に至ったとのニュースに対する,同氏の反応をキャッチしようと詰めかけた。

 しかしながら,めったにコメントで動じることがないBallmer氏には珍しく,明らかに同氏は,今回の件に関して,歯切れのよい感想を述べることすらできない状態であった。

 Ballmer氏は,モスクワで報道陣に対して,「この件に関しては,深く考えねばならない。非常に驚いているところだ」とのみ語ったと,Reutersは伝えている

 今回のニュースに度肝を抜かれたのは,Ballmer氏だけではなかったようである。ある情報筋によれば,依然としてIBMは,Sunの買収をあきらめておらず,Oracleの動向は,まったくIBMにとって予期せぬものであったのだという。

 当然ながら,Oracleは,Ballmer氏が自ら2月のインタビューで指摘していたように,データベースおよびビジネスアプリケーション分野で,Microsoftにとっては大きな対抗企業である。独禁法違反をめぐる訴訟の和解で,2004年以来,MicrosoftとSunは,このところ技術的な分野での提携を強めてきたものの,やはりSunも,Microsoftにとって長年の対抗企業であることに変わりはない。

 今後数日または数週間で,この件に関しては,Ballmer氏から,もっと多くのコメントが得られるのではないかと考えている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事