PR

 Microsoftは7月13日に米国で開幕した「Worldwide Partner Conference(WPC)」にて,約6000人のパートナー企業の出席者に対し,「プライベートクラウド」の位置づけとパートナー企業向けの計画を紹介している。

 Microsoftの代表者は以前,クラウドOS「Microsoft Azure」を顧客のオンプレミスサーバ上で動かすことはできないと述べていた。Azureを動かすことはできないが,「Windows Server」「System Center」「Hyper-V」やその他のMicrosoft技術の最新機能の多くを利用すれば,ユーザーは自社で「プライベートクラウド」を構築できる,というのがMicrosoftの説明だ。

 MicrosoftはWPCの会期中,「Dynamic Data Center Toolkit for Enterprise」を披露する計画だ。プライベートクラウドのファクトシート(本日までMicrosoftのウェブサイトに掲示されていたが,現時点ではなくなっている)によると,同製品は当初2009年末までに出荷を予定していたが,現在2010年前半に延期されている。「パートナー企業が拡張できる無償のツールキットで,データセンターでリソースの動的なプール,配分,管理することでITをサービスとして提供できる」という。Microsoftはすでに,ホスティングパートナー向けのDynamic Data Center Toolkitを提供している。

 Enterprise版は,エンタープライズ顧客,システムインテグレータ,ISV向けのものとなる。Microsoftのウェブサイトによると,ツールキットにはアーキテクチャロードマップ,実装ガイダンス,ベストプラクティス,ツール(既存のアプリケーションをクラウドに移行するのを支援するツールか?),それに「パブリッククラウドとの相互運用性」を提供するという名称のない技術が含まれているという。

 Microsoftは,プライベートクラウド向けとパブリッククラウド向けのソリューションの違いを明確にしようとしているようだ。仮想化関連のサイト内にあるプライベートクラウド関連情報で,Microsoftはオンプレミスとオフプレミスのデータセンターの定義を以下のように明確にしている。

 プライベートクラウド--内部サービス主導型環境で,パフォーマンスとコストに最適化されており,顧客のデータセンター内で実装される。Windows ServerやMicrosoft System Centerファミリ製品群などのパッケージサーバ製品を利用して構築,既存アプリケーションとの互換性もある。

 パブリッククラウド--サービスプロバイダが提供するクラウドで,顧客にサービスの実装と利用を提供する。このカテゴリにおいて,Azureは拡張性が高いサービスプラットフォームで,顧客はMicrosoftのデータセンターから従量課金ベースで柔軟性を得られる。

 Microsoftやパートナーのサービスを利用するのではなく,自社データをホスティングしたいデータセンターユーザーには,Azure OSそのものは提供しないということになる。一方で,Microsoftはオンプレミスとホスティング型の両アプローチの類似性を強調しており,サイトの最後に下記のような説明を掲載している。

 顧客が自社の機器を管理しサービスを配信するツールを提供することで,Microsoftは顧客にクラウドコンピューティングの土台技術を提供する。

 Microsoftは,既存データセンターソフトウェアを「プライベートクラウド」対応として再度ブランディングしているだけだと思いますか?それとも,Microsoftのプライベートクラウドツールとソフトウェアは,AmazonやGoogleに先行するものだと思いますか?

 関連したニュースとして,MicrosoftはAzureの価格とライセンス情報を米国時間の7月14日,WPCで発表する計画だ。

 (Oakleaf SystemsのRoger Jennigs氏に,Microsoftのクラウド情報サイトへのリンクを教えてもらった。)

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

関連記事