PR

 「Google Earth」が2008年10月に「iPhone」に対応した時には,ユーザーがインターネット接続のある場所なら事実上どこからでも,無料でこの仮想地球を探検できるようになり,大きな騒ぎになった。しかし,ターン・バイ・ターン・ナビゲーションやストリートマップのような実用的なマップ機能が備わっていないため,Google Earthは主として,現実世界にそれほど大きな影響を及ぼさない発見ツールだった。

 「Google Earth 2.0 for iPhone」は今週,「Google Maps」ウェブサイトの「My Maps」に保存したGoogleの地図をiPhone向けGoogle Earthで利用することが可能になり,より一層便利になった。iPhone版Google Earthで,設定アイコン(「i」)をタップして,Googleアカウントにサインインする。すると,ログインフィールド直下に,「My Maps」のエントリが表示される。それをタップすると,保存した地図が表示される。もう一度タップすると,そのズーム表示したい地図を選択することができる。保存した場所や道順をGoogle Earthで見ることはできるが,このアプリケーションはGoogle Mapの道案内機能を置き換えるものではない。

 Google Earth for iPhoneは,ユーザーが場所を変更すると,これまでと同じようにデジタル地球が回転する。従って,地球の裏側にある場所の地図を見るときは,遅れが発生するのを覚悟したほうがいい。さらに,依然として,読み込みにも毎回時間がかかる。また,バージョン2.0では,最初のバージョンと比べて3Mバイトほどサイズが大きくなっている。しかしながら,13の対応言語(以下を参照)の追加や,タップしたときに確認として発光するアイコンなど,ほかの細かな機能も新たに搭載されている。

 Google Earth 2.0 for iPhoneは31の以下の言語および方言に対応している。英語(米国),英語(英国),フランス語(フランス),ドイツ語,繁体字中国語,簡体字中国語,オランダ語,イタリア語,スペイン語,ポルトガル語(ブラジル),ポルトガル語(ポルトガル),デンマーク語,スウェーデン語,フィンランド語,ノルウェー語,韓国語,日本語,ロシア語,ポーランド語,トルコ語,ウクライナ語,アラビア語,タイ語,チェコ語,ギリシャ語,ヘブライ語,インドネシア語,マレーシア語,ルーマニア語,スロバキア語,クロアチア語。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ