PR

 市場調査会社Gartnerは米国時間1月13日,大手コンピュータ企業の米国市場シェアに関する調査結果を発表した。

 それによると,Appleは2009年第4四半期,約150万台の「Mac」を出荷し,前年同期の120万台を上回った。出荷台数が23.3%増加したことで,Appleは第5位のコンピュータメーカーとなった。

 第4四半期におけるAppleの全体的な市場シェアは7.5%で,前年同期の7.7%から少し縮小した。

 2009年第4四半期に出荷台数が増加した企業は,Appleだけではなかった。Hewlett-Packard(HP)(45.9%)とAcer(48.4%),東芝(70.7%)も第4四半期に出荷台数を大幅に伸ばした。Dellの成長率は,最も低い5.5%に留まった。

 出荷台数ベースで,米国市場シェア1位になったベンダーはHPだった。2位はDellで,以下,Acer,東芝,Appleと続いた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

関連記事