東日本大震災は、緊急時の連絡手段確保の難しさを改めて強く印象付けた。そんな中にあって、地震発生後の情報伝達ツールとして活躍したのが、インターネットでつながるサービス。SaaS型のWeb会議もその一つだ。夏の電力危機を乗り切るための一手として、さらに注目を集めている。