ビジネスはますますスピードアップし、要件がなかなか定まらない問題も浮上している。こうした実態に追随していくには、「ウォーターフォール型」や「スパイラル型」「反復型」「アジャイル型」などの開発プロセスを、プロジェクトのタイプに応じて使い分ける必要がある。そのためには、エンジニア自身が開発プロセスの基礎知識を備えていることが必須だ。