[画像のクリックで拡大表示]

 「処理が遅い」というRDBMSの課題を解決するさまざまな製品の中で、注目され、実用化も進んでいるのが「インメモリーデータベース」である。導入事例を見れば、その高速化のメリットは非常に大きい。その一方、DBの高速化策を適用する際の「アンチパターン」も分かってきた。