数週間ほどの短期間でシステム開発を依頼されることが増えてきた。従来の感覚で「無理だ」と断じるのは早計だ。新たなツールや手法を駆使し、素早くユーザーにシステムを届けよう。