モノだけでなくヒトにまでセンサーを張り巡らし、そこから得られた情報をマーケティングや顧客満足度の向上、業務改善などに生かす事例が増えている。安価な通信手段の登場や、データを集約して容易に分析できるクラウドサービスの出現などにより、社会に張り巡らされるセンサーの数は一気に増える。その活用が企業の競争力向上に直結する。