[画像のクリックで拡大表示]

 DOA(データ中心アプローチ)は、データとデータ間の関連に着目したシステム分析・設計・開発の方法論である。中心となるのはER図によるデータ・モデリングだ。リレーショナル・データベース(RDB)の設計はもちろん、オブジェクト指向の分析・設計でも、データ・モデリングのスキルは欠かせない。DOAが登場した歴史的背景とともに、データ・モデリングの基礎を解説する。