PR
 12月25日~12月28日の週に毎日更新した特集は,以下の5本でした。

シリコンバレーから見たエンジニアの未来

 グローバル化する世界の中で、IT技術者の働き方が大きく変わってきている。米国・シリコンバレーでベンチャー企業・エンジニア向けのイベントを主催してきた筆者が、シリコンバレーから見たエンジニアの未来を予測する。

>> 目次

iPad miniを分解

 Appleの「iPad mini」。最大の特徴は、「片手で持てる」(同社)という小型軽量化を実現したことだ。日経エレクトロニクス分解班は、iPad mini(Wi-Fiモデル、16Gバイト品)を分解しApple社の設計思想を探った。

>> 目次

必ず失敗する「二重化」

 システムの冗長化は信頼性を高めるための常套手段である。しかし、障害発生時、本番系から待機系への切り替えがうまくいかないケースが後を絶たない。なぜフェイルオーバーに失敗するのだろうか。

>> 目次

富士通、再成長への正念場

 富士通が苦しんでいる。4期連続で減収を続け、2012年7月には株価が32年前の水準にまで下落した。忍び寄る衰退の影をはねのけ、成長路線に回帰できるのか。正念場を迎えた富士通の次の一手に迫る。

>> 目次