PR

 IT業界で深刻な問題になっているのが、従業員のメンタルヘルス不調です。体調を崩して休職を余儀なくされる人もいますし、不調の“予備軍”は非常に多いと考えられています。

 クラウドコンピューティングやスマートフォンに代表されるように、このところIT業界は新技術が相次いで登場し、日々話題をさらっています。その一方で、IT業界で働く人たちの多くは疲弊し、元気をなくしています。どうしてでしょうか。

 その様子は先日、日経情報ストラテジーとITproが共同で実施した調査からも明らかになってきています(関連記事:971人の回答から見えたIT業界の悲しい組織風土の現実、半数が「同僚のことをよく知らない」)。原因の1つは組織風土にあると考えられます。ただし、それだけでもないでしょう。

 今回の「ICT大調査」では、IT業界のメンタルヘルス問題についてお聞きします。締め切りは3月29日(金)。アンケートの結果はITproで紹介します。

Q1.あなたは自分のメンタルヘルスに不調を感じますか。

はい
いいえ

Q2.Q1で「はい」と答えた方にお伺いします。いつ頃から不調を感じるようになりましたか。

5年以上前から
3年前(リーマンショック後)
1年前
最近

Q3.同じくQ1で「はい」と答えた方にお伺いします。上司や人事部門などに相談を持ちかけたり、不調を訴えたりしましたか。

はい
いいえ

Q4.あなたの周りには、メンタルヘルスの不調と思われる従業員はいますか。

はい
いいえ

Q5.あなたの会社は従業員のメンタルヘルス問題に対し、真剣に取り組もうとしていると思いますか。

はい
いいえ

Q6.メンタルヘルス問題に影響を与えていると思われるものはどれですか。当てはまるものを選択してください(複数回答可)。

不景気
グローバル化
経営者の理解不足
企業風土や文化
人事制度の不具合
社員教育制度の未整備
相談窓口の未整備
マネジャーの能力不足やパワハラ
職場のコミュニケーション不足
人手不足
成果主義
低賃金
長時間残業
休暇所得の難しさ
職場環境の悪さ
客先での常駐
公私の切り分けの難しさ
技術進化スピードの速さ
IT業界の商慣習
家庭やプライベートの問題

Q7.メンタルヘルスの問題に対し、ご意見があれば、自由にご記入ください。

■あなたご自身の「企業情報システム」にかかわる立場として最も近いものをお選びください。

ユーザー企業
SI/コンサルティング
IT関連ハード/ソフトのメーカー/ベンダー
通信事業者/サービスプロバイダー
その他

■性別

男性
女性

■年令

20歳未満
20代
30代
40代
50代
60歳以上

■結婚

未婚
既婚

※アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。

  • プレゼントへの応募資格は、(1)2月~4月に実施される「ICT大調査」に1回以上、回答していただいた方、(2)日経BPパスポート会員情報を更新していいただいた方、または新規にITpro会員にご登録いただいた方---の2つの条件を満たした方です(抽選時にITpro会員であることが条件となります)。
  • 上記2つの条件を満たしていただいた方は、自動的にプレゼントの対象となります。
  • 登録者情報の更新およびITpro会員への新規登録はこちらから。
  • 「ICT大調査」に回答していただいた回数が多いほうが当選確率が高くなります。
  • プレゼント当選のお知らせは、厳正な抽選の上、発送をもって代えさせていただきます。お届けは2013年5月上旬(予定)となります。当選者が重複することのないよう抽選いたします。
  • 賞品の詳細は、こちらでご確認ください。