PR

 06月10日~06月14日の週に毎日更新した特集は,以下の7本でした。

「炎上」対策だけでは不十分~企業を脅かすソーシャルリスク

「炎上」対策だけでは不十分~企業を脅かすソーシャルリスク  多くの企業がソーシャルメディアを活用した情報発信を心がける裏で、これまでにないリスクが広がっている。担当者が知っておくべきソーシャルリスクの実態とそのためにとるべき具体的な対策を整理する。

>> 目次

DevOpsに進路を取れ

風土改革の第一人者、柴田昌治氏と考える「いい会社」  開発と運用のスキルセットは異なるので担当者を分けるのは理にかなっている。だが、組織を分けると「壁」ができてしまうものだ。壁を取り払い「Dev(開発)とOps(運用)が協力して難題に立ち向かおう」。そう訴えているのが「DevOps」である。

>> 目次

センサー活用でスピード経営!シェア拡大狙う先進5社

風土改革の第一人者、柴田昌治氏と考える「いい会社」  国内企業が価格競争を仕掛け、製品シェアを拡大できる時代は終わった。今後求められるのは、IT、特にセンサーを賢く使いこなすことだ。センサーを活用して利益を犠牲にせずにシェア拡大に挑む5社の戦略を紹介しよう。

>> 目次

ITが変革する“ものづくり”、ハードウエアベンチャーが熱い!

風土改革の第一人者、柴田昌治氏と考える「いい会社」  ひところベンチャーと言えば、スマートフォン向けのアプリやサービスに脚光が当たっていたが、今、続々と登場しているのがハードウエアを開発・販売するベンチャー企業だ。スマホ時代のハードウエアベンチャー最前線を追う。

>> 目次

詳説!自民党ICT戦略「デジタル・ニッポン2013」

風土改革の第一人者、柴田昌治氏と考える「いい会社」  安倍政権の経済成長政策が、次々と明らかになってきた。政府のIT戦略「世界最先端IT国家創造宣言」のベースとなった自由民主党の「新たなICT戦略に関する提言 デジタル・ニッポン2013」を解説する。

>> 目次

風土改革の第一人者、柴田昌治氏と考える「いい会社」

風土改革の第一人者、柴田昌治氏と考える「いい会社」  「いい会社」とはどんな会社か。この究極の問いに対する答えを探した。スコラ・コンサルトの柴田昌治氏に協力を依頼し、いい会社の条件を考えた。

>> 目次

オフショアで勢い増すベトナム

「炎上」対策だけでは不十分~企業を脅かすソーシャルリスク  中国に代わるオフショア開発先として定着しつつあるベトナム。政府がITを最重要産業と位置付け、投資を集中させている。ハノイやホーチミン、ダナンを巡り、政府関係者やIT大手などに取材、最新状況に迫った。

>> 目次