PR

 12月09日~12月13日の週に毎日更新した特集は,以下の9本でした。

ソフトバンクはどこへゆく

芦屋広太の「伝わる説明」ワンポイントレッスン  2013年7月に、米国市場への本格進出を果たしたソフトバンク。同社の急成長ぶりには目を見張るものがあるが、国内外の事業はどう変わっていくのか。同社の今後の戦略を占う。

>> 目次

待ちわびたiPad mini Retina、買う価値があるのか!

芦屋広太の「伝わる説明」ワンポイントレッスン  「iPad mini Retina」が登場した。今回は数日間使い込んだ詳細なレビューをお届けする。前モデルのiPad miniや新しいiPad Air、最新のNexus 7とも比較しつつ、「iPad mini Retinaは買う価値があるのか」じっくり検討してみよう。

>> 目次

「Suica履歴販売」は何を誤ったのか

イーサネット40年の技術  JR東日本の「Suica履歴販売」問題。「勝手に売るな」「気持ち悪い」などの批判を浴びたことから、「パーソナルデータ」活用に及び腰になる企業も少なくない。だがJR東がそこまで批判を受けたのは、手続き上明らかな失策があったからだ。

>> 目次

大手ICT企業が挑む、人を生かす組織・風土・制度

芦屋広太の「伝わる説明」ワンポイントレッスン  サイボウズやNTTデータ、日本システムウエアなど、人事制度を見直して社員の持続的な成長を支援するICT企業が続々と登場している。「人を生かす組織・風土・制度」へと改革を急ぐ各社の動きを追った。

>> 目次

イーサネット40年の技術

芦屋広太の「伝わる説明」ワンポイントレッスン  1973年に生まれたイーサネットは、2013年に40回目の誕生日を迎えた。最新の100Gビットイーサネット(100GbE)を理解するために、40年に及ぶイーサネット技術開発の経緯をひも解いてみた。100GbEは過去のイーサネット技術の集大成だからだ。

>> 目次

芦屋広太の「伝わる説明」ワンポイントレッスン

イーサネット40年の技術  どんな仕事でも欠かせないビジネススキルに「説明力」があります。本特集は、長年実務を担当しながらビジネススキルを研究してきた筆者が、「伝わる説明の技術」を紹介するワンポイントレッスン形式の記事です。

>> 目次

インソーシングで好機をつかめ!新しいシステム内製術

芦屋広太の「伝わる説明」ワンポイントレッスン  インソーシング(システムの自社開発)に踏み切る企業が急増している。今やビジネス環境は激しく好転と暗転を繰り返す。そうした変化に即応し、システムは素早く、柔軟に作らなければならない。“インソーシング革命”の現場を追う。

>> 目次

ソーシャルメディアマーケティング再考

芦屋広太の「伝わる説明」ワンポイントレッスン  4年前から日本で本格化した、ソーシャルメディアマーケティング。様々なサービスが育ち、その上で多様な手段が使えるようになった今、これまでの経過を整理しながら、企業が意識すべきポイントをまとめた。

>> 目次

ビッグデータでイノベーションを起こせ!

芦屋広太の「伝わる説明」ワンポイントレッスン  企業経営におけるビッグデータ活用の重要性は認知されつつある。次なる関心は、いかにより高い成果を上げるか、そして新規事業などのイノベーションにつなげるかだ。ビッグデータ活用に詳しい識者へのインタビューに基づいて考察する。

>> 目次