PR

「動かないコンピュータ」はいっこうに減少する気配をみせない。自分や自分の会社が関係するシステム開発プロジェクトがトラブルに陥ったら、どうすればよいのか。あるいは、そもそもどうすれば動かないコンピュータのリスクを減らすことができるのか。この問題に対する答えを求めて、開発難航型事例のその後を追跡、問題の構造に迫った。