PR

北海道帯広市が実施している医療費助成金の支給が、昨年6月から今年2月まで9カ月にわたって滞った。市役所とベンダーの担当者が、問題を知りつつもシステムの不具合を放置していたため、組織としての対処が遅れたという。にわかに信じがたい事態だが、いったい何が起こったのか。