開発に5年をかけたマイクロソフトの新パソコン用OS「Windows Vista」の企業向け出荷が、2006年11月末から始まった。3次元処理を取り入れた新ユーザー・インタフェース、多階層で強化したセキュリティ、導入作業の簡素化などを実現し、同社は「これまでで最高のOS」と言い切る。ただし、マイクロソフトの意気込みとは対照的に、現時点で企業のVista導入意向はまだ低調だ。導入についてのアンケートを実施した結果、具体的に検討している企業は全体の4割弱にとどまることが分かった。

(玉置 亮太、小野口 哲)


【無料】サンプル版を差し上げます本記事は日経コンピュータ12月25日号からの抜粋です。そのため図や表が一部割愛されていることをあらかじめご了承ください。本「特集2」の全文をお読みいただける【無料】サンプル版を差し上げます。お申込みはこちらでお受けしています。なお本号のご購入はバックナンバーをご利用ください。

 「Windows Vistaは、過去のWin-dowsの中で最も優れた製品だ。ユーザー・インタフェースに様々な改善を施し、OS全体の使い勝手も大幅に改善した」。

 5年ぶりの新OSについて、マイクロソフト日本法人のダレン・ヒューストン社長はこう意気込む。

 同社で企業向けにVistaを販売する中川哲 Windows本部ビジネスWindows製品部長は、「Aeroに代表されるユーザー・インタフェースに目が向きやすいが、Vistaでは企業向けの機能を大幅に強化した。実際にベータ版のVistaを使った企業の大半が出来に満足してくれている」と加える。

 マイクロソフトの自信はあながち独りよがりとは言えない。調査会社のガートナー ジャパンでクライアントOSのリサーチを担当する針生恵理アナリストも、「当初計画していた新ファイル・システムなどの機能はなくなったが、VistaはWindows XPに比べて多くの点を強化している。Windows 98からWindows 2000以来のメジャーバージョンアップと位置付けられるものだ」との見方を示す。

企業向けに四つの利点
セキュリティを重点強化

図1●Windows Vistaの主な企業向け強化点
 Vistaで実現した企業向けの強化点は大きく四つある。ハードディスクの暗号化やアクセス権限の制御などのセキュリティ関連、処理速度の向上・検索といったオフィス・ワーカーの生産性向上にかかわるもの、ファイル共有などのコラボレーション機能、運用管理の効率化である(図1)。

 なかでも力を入れたのはセキュリティだ。飯島圭一Windows本部ビジネスWindows製品部シニアプロダクトマネージャは、「現在のセキュリティ・リスクは複雑化して、単一機能で防ぎ切るのは無理だ。Vistaでは複数の機能を組み合わせた多層的な防御を採った」と話す。この方針に沿って、ファイル・システム、ネットワーク・アクセス、アプリケーション、ユーザー管理など、様々な面からセキュリティを強化している。


続きは日経コンピュータ2006年12月25日号をお読み下さい。この号のご購入はバックナンバーをご利用ください。