PR

富士通の100%子会社である富士通FIPのデータセンターで、今年3月に火災が発生したことが明らかになった。システムが焼失するようなことはなかったが、運用オペレータを含む従業員100人が1時間近く屋外に避難したため、一部のシステム運用作業などが遅れた。5月に入っても、出火原因は不明だ。