PR

 2012年のクラウド活用シーンが見えてきた。それが他社とのコラボレーションである。異業種や、強みの異なる同業種、ネット企業とリアル企業が、クラウドを介してコラボレーションする。
 始まったのは、二つの「巨大コラボ」だ。一つはビジネス面。数百社が一度に集まり、情報システムを利用したり共同でビジネスを展開したりする。もう一つはインフラにおけるコラボだ。社会全体の膨大な機器と情報システムが、協調動作する。いずれもクラウドが媒介となるからこそ可能になる。
 もはやクラウドは、コスト削減や業務効率化だけの道具ではない。先進事例を基に、クラウドでビジネスチャンスを広げるための勘所を探る。

(玉置 亮太)

◆クラウドで「やってみなはれ」
◆とにかく全員集合
◆クルマの「つぶやき」に集結


【無料】サンプル版を差し上げます 本記事は日経コンピュータ12月22日号からの抜粋です。そのため図や表が一部割愛されていることをあらかじめご了承ください。本「特集」の全文をお読みいただける【無料】サンプル版を差し上げます。お申込みはこちらでお受けしています。 なお本号のご購入はバックナンバーをご利用ください。

クラウドで「やってみなはれ」

 「全世界統一のプライベートクラウドを構築している。買収した海外のグループ企業との相乗効果を発揮するために、不可欠な基盤を作る」。サントリーホールディングスのCIO(最高情報責任者)を務める下條泰利執行役員は、こう打ち明ける。同社が買収などで傘下とした海外企業の社員数は、主な4社で1万人。これらを含め、グループ2万5000人が協業する基盤を、クラウドで構築する。

世界規模のコラボへ

 下條執行役員が挙げる相乗効果を一言で表現すれば、買収した企業同士の「コラボレーション」のこと。商品の相互販売や共同開発、原材料の共同調達などだ。

 サントリーは、こうしたコラボの相手を、世界へと拡大する。同社は2009年に持ち株会社制度に移行し、海外企業のM&A(合併・買収)積極化とグローバル展開を加速する方針を打ち出した。この方針の下、同社は2009年以降、これまでに2社を買収した。

 目指すのは、「やってみなはれ」という創業者の言葉で表されるサントリーのチャレンジ精神を、買収した会社を含めたグループ全体で発揮し、ビジネスチャンスを広げることだ。既存の商圏にとらわれず、商機ありと分かればまずは試してみる。うまくいくならどんどん販路を拡大するし、逆に機会なしと見れば即座に撤退する。

 持ち株会社制の下、強みや商圏の異なる海外企業のコラボを促すため、2011年1月に新会社サントリー食品インターナショナルを設立した。同社は国内外の清涼飲料事業を手掛けるグループ企業を束ねる。

クラウドあってのコラボ

 サントリーが目指すコラボの規模拡大戦略は、クラウドがあって初めて可能になる。全社レベルでデータセンターのアーキテクチャーを標準化することで、グループ各社のシステムをどのデータセンターでも稼働できるようにする()。情報システムの強化によって、コラボのスピード向上や規模拡大を支援する。

図●サントリーが構築するコラボレーションの基盤<br>クラウドで全世界のデータセンターのアーキテクチャーを標準化し、仮想的な統合データセンターを構築する。その上で、買収したグループ企業のシステムを世界のどのデータセンターでも動かしたり連携したりできるようにする
図●サントリーが構築するコラボレーションの基盤
クラウドで全世界のデータセンターのアーキテクチャーを標準化し、仮想的な統合データセンターを構築する。その上で、買収したグループ企業のシステムを世界のどのデータセンターでも動かしたり連携したりできるようにする
[画像のクリックで拡大表示]

 仮想化技術を取り入れ、システム構築にかかるコスト削減や期間短縮を図る。今後さらなるM&Aによってコラボする企業が増えても、迅速にシステムを修整したり統合したりできる。

 サントリーは、他の国内ビール大手に先駆けて、いち早く国内のクラウド基盤を昨年末に整備し終えて、世界規模のコラボ拡大に向けたクラウド基盤作りに着手した。現在は2015年の完了を目指して、全世界のデータセンターの集約と、プライベートクラウドの構築に取り組んでいる。日本をはじめ、欧米やアジア、オセアニアのグループ企業がそれぞれ保有するデータセンターを、ドイツ、日本、シンガポール、オーストラリアの4カ所に集約する。各地にある富士通のデータセンターを使って実現する。

 サントリーは、グループ企業間のコラボ拡大を成長に欠かせない戦略と位置付ける。同社は中期の経営計画として、連結売上高を2013~2014年に2兆円(2010年12月期は1兆7424億円)、2016年に経常利益2000億円(同1008億円)を目指している。2010年12月期の業績は、国内売上高が前年同期比3.9%増の1兆3891億円。これに対して海外売上高は同65.3%増の3533億円と大幅に伸びた。クラウドによるコラボで、この勢いを加速する。


続きは日経コンピュータ12月22日号をお読み下さい。この号のご購入はバックナンバーをご利用ください。